>

そのままでもいい?

この記事をシェアする

保存の形式は?

そのままDVDに保存する方法のほかに、スライドショー形式で保存することができます。
そのまま保存することの利点は、たくさんのデータを保存することができるということです。
一方のスライドショー形式のほうは、容量は多く使用することになりますが、思い出の曲をBGMにしたりコメントを付けたりと、編集することが可能です。
しかし、アルバムの代わりに保存するDVDであれば、スライドショーよりもそのまま保存してしまうほうがいいかもしれません。
多くのデータを保存しておくという本来の目的に合致するからです。
思い出深い出来事であればスライドショーを作成したいですが、全てを作成するのはやはり無理があります。
単純にDVDの枚数が増えるなど、本末転倒になることも。
用途に応じた整理をすると、すっきりするでしょう。

クラウド保存とバックアップ

クラウドサービスを利用すれば、容量はたくさんありますし、必要な時にすぐに取り出すことができて便利ですよね。
今はそうしたサービスも充実していますから、なんとなく使っている人もいると思います。
オンライン上に保存しておくことも一つですが、DVDに保存することの利点は、バックアップの機能も持つという事です。
ウイルスに侵され、保存データが壊れてしまった、復元できないといったトラブルが起こる心配がありません。
赤ちゃんの頃の画像や動画は、もう二度と撮ることができませんから、無くしてしまって後悔してからでは遅いです。
残念ながらネット上でそうした攻撃が無くなることはありません。
実際にデータが無くなってしまったケースも発生していますので、できるだけ早めにバックアップをしておきましょう。


トップへもどる