>

作業は自分でも、ショップでも

この記事をシェアする

自分でやってみる

DVDにまとめるのは、パソコンがあれば簡単にできます。
今ではパソコンにあらかじめ入っているソフトで、大抵の事は出来てしまいます。
面倒であれば、保存するデータの選別さえ済んでいれば、そのまま書き込んでおしまいです。
きちんと整理したい、画像や動画一つ一つにタイトルを付けるこだわり派もいますね。
現像するアルバムと違って、コメントを残すとするならタイトル部分になるので、短く、当時の事がわかるような「メモ」代わりに使用する形も。
また、DVD自体に印刷できるプリンタがあれば、画像を印刷したり、わかりやすい分類を書き込んだりできます。
今は鮮明に印刷できますし、こだわれば細部までオリジナリティーを出すことができます。

フォトショップに依頼

カメラのキタムラ、富士フィルムなどのフォトショップでは、DVDに保存するサービスがあります。
整理するのをずっとさぼっていて、ただでさえ枚数が膨大だったり、作業が億劫な人はお願いしてしまいましょう。
面倒な作業を丸投げできるのが、フォトショップのいいところです。
また、DVDだけでなくブルーレイディスクに保存してくれるサービスも。
これは自分で作業するのはなかなかできませんよね。
ただし、やはり不要なデータの整理は必要ですし、保存形式が指定されている場合もありますので、確認が必要になります。
お店に直接持ち込むこともできますが、インターネットで注文もできますので、手軽にお願いできます。
自分で作成しないため、コメントなどは入れられませんが、例えば幼稚園で買った印刷済みの写真なども合わせてデータ化をお願いできたり、細かい面倒もまとめて引き受けてくれます。


トップへもどる